子供のダイエット

幼児の肥満対策 運動と食事でダイエット 失敗例と成功例

  • コピーしました

数年前、2歳目前の娘の肥満が発覚しました。
肥満発覚から約3ヶ月…。

 

肥満について相談しても

 

 
・まだ2歳なんだからそのままでも大丈夫
・大きくなれば自然と痩せる
・小さい内は太っている方がかわいい
 

いやいや、娘はめっちゃ大食いなんだよ。
2差2ヶ月で大人の大盛り定食を完食してしまうほどの大食いでは自然となんて痩せるわけないだろう。

大食いについて相談しても

 
・食べないよりマシ
・3歳になれば落ち着く
・子供は食べられる分しか食べない
・お腹いっぱい食べさせてあげれば良い
 

と、わたしが欲しい回答は貰えず…。

 

小さい子のダイエットについては本当に否定的な意見が多く、たくさん食べることがどれだけいい事かという事を何度も何度も聞かされました。

 
 
でも、このままじゃダメだ!
後戻り出来ないくらい太る前に何とかしなくては!

女の子だし、そのうち自分の体型を気にするときが来るかも知れない!
 

と、無理のない範囲でダイエットを始めようと決意しました。

まだ2歳の小さい子供なので減量は意識せず、身長が伸びるまで体重キープを意識したダイエットです。

 
よし!
娘のダイエット方法を考えるよ!
 
スポンサーリンク

幼児の肥満対策 運動でダイエット

肥満の原因の主とされるのが

 

・食事
・運動
・遺伝

 

の3つ。

その中でも食事と運動は自分でなんとかすることが出来るので、肥満を治すために運動と食事でダイエットを始めることに。

 

まず肥満を治すには運動!

 

当時2歳の娘はまだ保育園には行っていなかったので、1日中わたしと一緒。
わたしも出来るだけ娘を遊ばせようと、朝から公園や支援センターで2時間ほど遊び、お昼寝の後にも1~2時間ほど近くの公園で遊ばせていました。

 

2歳になりたての娘は1日のうち3~4時間外で遊んでいたので、それほど運動量が少なかった訳ではありません。
…が。

 
なんせ食べる量が多い!
普通の2歳児の運動量じゃダメなんだよ…!
 

そう。
摂取カロリーが消費カロリーより高すぎるんです。

 

普通の運動量じゃダメなの。

そこで運動量を見直すべく、遊びのプランを少しだけ変えることにしました。

 

まずは、公園に行くとき。

いろんな公園で遊ばせてあげたかったので、朝は自転車に乗って公園を探しつつ楽しそうなところがあればその公園で遊んでいました。

 

お昼寝後は近くの公園に行っていたのですが、三輪車を使った方が安全だろうと三輪車に乗せていました。

 

ここから改善!

 

公園には行き尽くしたし、もう歩いて行ける範囲の公園だけで良いだろう!

と、 公園の行き来は全て徒歩に変更しました。

 

近くの公園に行くときも三輪車は使わず徒歩です。
三輪車は荷物入れにも便利だったのですが、持って行ってしまうと絶対に歩かないので三輪車にはさよなら。

 

歩いてみると意外と娘も歩くのが嫌いでは内容で、特に嫌がることなく歩いてくれました。

公園に行くとき以外にも、買い物でも大きな荷物が出そうな時以外は一緒に歩いて行きました。

 
これだけでも運動量はかなり増えたでしょ!
 

運動量を増やすのはこれで充分かな?と思っていたのですが。
娘と公園で遊んでいてあることに気がつきます。

 
一度砂場に入ってしまうとなかなか他の遊びしないな。
 

最初こそ遊具で遊んでいたものの。
娘は砂遊びが大好き。

 

一度砂場に行ってしまうとずーっと砂場に入って座って砂遊びしています。

 
今までも外で遊ばせてる気になってたけど、運動が少なかったのかも知れないな。
 

そこで、公園を選ぶときは出来るだけ砂場の無い公園を選ぶことにしました。

 

砂場が無いと砂遊びは出来ないので、遊具で身体を動かすようになりました。

 

さすがにお友達と遊ぶときは砂場道具を持っていきましたが、それでも砂場のある公園に行くときは出来るだけ大きめの公園を選び、砂場道具は持っていかずにボールやフリスビーなど必ず身体を動かす遊び道具を持っていくようにしました。

 
こうやって意識すると運動量ってどんどん増やせるな!
 

公園に「行くだけ」でたっぷり運動が出来るわけでは無いんですね。
意識して子供が身体を動かすようにしていかないと!

 

ちなみに、運動量が増えたことが良かったのかお昼寝はたっぷり2時間寝ても夜の19時に寝てくれるようになりました!

幼児の肥満対策 食事でダイエット 失敗例

そして娘のダイエットで1番の難関だったのが食事。

 

朝ご飯は起きると同時にお腹が空いたと泣き叫ぶ。
お昼ご飯も準備の為に台所に行くとお腹が空いたと泣き叫ぶ。
夜ご飯も準備の為に台所に行くと…以下同文。

 

ご飯で無くても暇になると何か食べたくなる。

 

とにかく食べるのが好き!

 
それでも、もう好きなだけ食べさせるわけにはいかないんだよ。
 

娘の食事量が多いのは早食いとかなり関係しているはず。
大人よりも速いペースで飲み込むように食べてしまいます。

 
まずは早食いをなんとかしないと…!
 

そこでわたしが実践したことは

 

・具材を大きめに切る
・堅めの食材を使う
・フルコース式で1品ずつ出す

 

の3つ。

 

そしてこの方法…。
ことごとく失敗します!!

食材を大きめにカットして食べる量を減らす!

まず、食材を大きめにカットして噛む回数を増やすというもの。

 

この方法は幼児の早食い対策としても良く紹介されていました。

 
具材を大きめに切れば自然と噛む回数が増えて食べるのがゆっくりになるよね!
 

と、思ったものの。

 
ひ~~!! 飲み込もうとしてえずきながら食べてる!!
 

そう。
具材が大きくても早く食べたい気持ちがかってしまうのか、かみ砕けていない状態で飲み込んでしまうんですよ!

 

何度もえずいて背中をバンバン叩きながら食べさせることになりました。

 
喉に詰まらせたら怖い!
これはダメ!!
 

本来であれば、噛む回数が増え満腹中枢が刺激されて早めにお腹がいっぱいになる。
そして食べる量が減る…という仕組みらしいです。

 

娘にはダメだったけど。

食材を堅めにして食べる量を減らす!

次にやったことは堅めの具材を使うという方法。

スポンサーリンク
 
野菜は柔らかくせずに生に近い状態で使うよ!
 

この方法も、食材を大きめにカットした時と同じ。
硬いものを食べさせて噛む回数を増やし満腹中枢を刺激させるというもの。

 

しかしこれも。

 
大きめに切ったときと一緒やんけ!
 

はい。
またかみ砕けていない状態で飲み込もうとしております。

 

そもそも大きめにカットして噛む回数を増やすのがダメだったんだからおそらく娘には「噛む回数を増やす」がダメなのかもしれない。

フルコース式に食事を出して食べる量を減らす!

そして、最後にやったことはフルコース式に1品ずつ出していくというもの。

 

フルコース式に1品1品食べることで食べるペースがゆっくりに。
最初に汁物を出してお腹を膨らませてから少しずつ食事を出していき、ゆっくりペースで食べてお腹を満たすというもの。

 
探偵ナイトスクープでやってたんだよね!
これは専門家が考えた案だし期待できるぞ~!
 

子供の大食いについて調べていた時にたどり着いた探偵ナイトスクープでやっていた方法!
めっちゃ期待して実行したものの。

 

最初のスープを出した時点で大号泣。

 

娘「ごはんちょうだい~!!!」

 

そりゃそうだ。
娘はわたしが台所にいる間、台所にぴったり張り付いて作った料理を見ながら「〇〇ちょうだい!」「〇〇ちょうだい!」と言っていたくらいだから、スープ以外の食べ物があることを知っているんだもの。

 

食べ物に対しての執着心が強すぎる娘。
食べたいのに1品しか出てこない状態に激怒。

 

台所に向かって「ごはんちょうだい!」と泣き叫びます。

 
これもダメだ~。
 

ちなみに娘。
これだけ食べ物を欲しがるのですが、本当にお腹が空いている訳ではないんですよ。

 

食後、お腹がはち切れそうなくらいパンパンに膨れあがっていても目の前に食べ物があると食べたい。
そんな子なんです。

2歳児の肥満対策 食事でダイエット 成功例

と、最初にチャレンジした食べ過ぎ対策については全て失敗。

もうダメだ~と思ったのですが、この後、一緒に食事をする時のわたしの対応を変えることで徐々に良い方向へ向かいます。

 

我が家では平日は主人の帰りの時間と食事の時間が合わずにわたしと娘の2人で食事をしています。

娘と2人で食事をしていると必ずと言って良いほど、わたしよりも先に全て完食し、わたしが食べきっていない食事を見ては「〇〇ちょうだい!」。

 

あげないと大泣きすることから、わたしも箸を付けていない部分なら…と娘に分け与えていました。

これを

 

「絶対にあげない!」

 

と決意!

 

他にも娘が起きている間、わたしは何も食べないという方法も考えたのですが、人の食べ物を欲しがる癖も直して欲しかったので、一緒に食べることに。

 

わたしの分をあげない代わりにお変わり分の野菜を用意して、お変わりはその野菜だけ与えるようにしました。
ちなみに、肥満解消レシピとかは作っていません。

いつも通りのメニューです。

 

自分の分の食事はあげないと決めた初日。

 
案の定、めっちゃ泣いてる。
 

覚悟はしていましたが、めっちゃ泣きます。

それでも、ここであげてしまうと今までと何も変わらない。

 

お変わりの野菜には手を付けず 「ちょうだい!ちょうだい!」 と泣いていますが、絶対にあげずにわたしの分は自分だけで完食。

 
めっちゃ食べづらいし食べた気がしねぇ。
 

しかし。

 

食卓から食べ物が無くなると諦めたのか、しばらくすると泣き止み遊び始めました。

これを何度か繰り返しているうちに「泣いても貰えない」と思ったのか、徐々にわたしの食べ物を欲しがることは減ってきました。

 

こんな感じで、食事は 最初に与えた規定量と同じくらいの量+お変わり用のおかず ときっちりと量を決めたため、わたしと2人でとるときの食事のみ食べ過ぎは徐々に解消されてきました。

 

それでも、やっぱり主人も一緒に食べる土日や家族以外と食べる外食では大人と同じくらいの量を食べてしまいます。
主人には何度も何度も食べさせすぎについて注意しているのですがなかなか直らず。

 

その中でも特に外食はたくさん食べてしまうことが多かったので、週2回ほどだった外食の回数を2週間に1回ほどに変更。

 

外食したがる主人は不満そうでしたが、先に作ってしまうことで外食を回避していました。

他にも、実家や義実家に遊びに行くときはお菓子を断るためにおやつが終わった時間~夜ご飯までと実家食べ物を食べる回数を減らしました。

 

約1年間この食生活を続けた事で

 

・2歳の時は身長80㎝体重12㎏
・カウプ指数18.8
・満二歳では「太りすぎ」判定
(2歳児はカウプ指数17~18.4までが太りぎみ、18.5~が太りすぎ)

 

だった娘が

 

・3歳の時点で身長85㎝体重12.8㎏
・カウプ指数17.7
・満三歳では「太りぎみ」判定
(3歳児はカウプ指数16.5~17.9までが太りぎみ、18~が太りすぎ)

 

になりました!
太りぎみであることには変わりないのですが、カウプ指数も減っているし、肥満解消に向けて良い方向に進み始めたように思います。

 

そして、今から1ヶ月前。
ちょうど3歳半になったのですが、幼稚園での身体測定では

 

・身長88.8㎝体重13㎏
・カウプ指数16.5

 

と、またまたカウプ指数が下がってきました!
カウプ指数16.5からが太りぎみなので、本当にあと一歩で肥満では無くなります♪

 

一度肥満になってしまったからにはこれからも気をつけないといけないので油断は出来ませんが、普通体型までもうちょっと!
見た目も大きく変わり、同年代のお友達と一緒にいても違和感のある体型では無くなってきました。

2歳児の肥満対策まとめ

3歳半になってようやく肥満対策の効果を感じられるようになりました!

 

こうやってみるとかなりスムーズに進められたように見えるのですが…。

実は、何度も挫折したり邪魔が入ったりでかなーり苦労しました。

 

もう本当にノイローゼになりそうな時期もあった!

 

それにね。
こうやって標準体型に近づいて来たことで周りから言われることは

 
ほらね。
自然に痩せたでしょ。
 

もうね。

 
違うわ!
わたしが努力して太らんように気をつけたんじゃ!!
 

と、力一杯叫んでやりたい。

 

おそらく周りからの「肥満なんて気にしなくて良い、自然と痩せる」や「子供は食べられる分しか食べないんだから好きなだけ食べさせればいい」を信じて、本当に好きなだけ食べさせていたらさらに肥満になっていたんじゃないかなと思います。

 

そしてわたしが娘の食べ過ぎで悩んでいたときに1番辛かったことは誰からも理解されないことでした。

 

「食べないよりいい」「食べない子の親はもっと大変」「食べるのにどうして悩むの?」

 

これを言われる度に、わたしは食べない子の親がうらやましくってたまりませんでした。
だって食べないことに悩んでいたとしても風に周りが「大変」と認識してくれていて同情してくれるんだもん。

 

こんな感じで、現在も娘のダイエットは続いています。
現在はダイエットというよりは、体型維持の為に食べ過ぎないようにすることです。

 

今でも娘は外食でバイキング行ったり、お鍋やすき焼きの時などは大人以上の量を食べます。
給食だってカレーやハヤシライスなどおかわり自由の日は3杯ほどお変わりしていると聞きました。

 

ただ、平日だけでもこの「食べ物を与えすぎない」を徹底していることでずいぶん体重増加を抑えられている様に思います。
来年にはキューピーちゃん体型がなくなっていると良いな。

スポンサーリンク
  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

はるひ

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

  三千里メンバー

はるひ

娘を出産してから肌や体型が気になり始めるもほったらかして数年。
そろそろ本格的に動き始めないと取り返しの付かない事になりそうなので、ダイエットやら美容に力を入れ始めた主婦。
10代の頃はメイクスクールに通っていたのでコスメも好きですが、節約中なので独身時代のように自由にお金が使えずあまり買えません。
さらに詳しいプロフィールはこちらから

しらべこちゃん

はるひに変わってリサーチしてくれるあかべこの女の子。
Google検索するのが大好き。
このブログのイメージキャラクター。

  キーワードで検索
  カテゴリー
  最近の投稿
  ランキング参加中です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
ポチッとしていただけたら励みになります♪
よろしくお願いします!